長女と共に美味しいスポンジお菓子を焼きました

今日は小学生4年生になる子どもの年齢でした。最近になってぐっと大人びてきた子どもは、父母とおるよりだんだん傍らと共に暮すことが楽しくなってきたみたいです。父母としてちょっとさびしいな~と思っていた今でした。毎年、お友達を何人か呼んで会合をします。今年はどうする?と聞くと、母体とお父さんと3個々で賛美したいとの事件。ちょっと驚きましたが、如何なる感情の脱皮だったのでしょうか。お友達を呼ぶとなると、自作のスイーツを打ち出すのは自信がないので、いつもは市販のスイーツを買っていました。でもファミリー3個々で祝うのであればお断りはいりません。私の作った不細工なでき上がりのスイーツでも大丈夫です。子どもと共に自作しました。一緒に粉を計ったり、卵を泡立てたり。とても楽しいタームでした。スポンジスイーツを焼くのは久方ぶりでした。案の定、見た目は今一つなスイーツが終了しましたが、子どもはとてもおいしみたいに食べてくれました。これから思春期に入りどんどん親離れしていく子ども。今日は本当に良い機会を過ごせたなって思います。