最近の政治民家の政治資源のやり方について物申す

最近文字でよく取り上げられている、政治民家の政治原資のやり方のひどさはには、あきれてものが言えません。一所懸命血税によって政治行いをしている政治民家はいますが、どうしても昨今の文字を見ていると、すべての政治民家が自分のために血税によっていると思ってしまう。そもそも政治原資は何のために扱うのか、また、扱うべきなのかが漠然で、普通政治民家自身で決め度を出し、いいように並べるとしか言いみたいがありません。日本の負債が1000兆円あるといわれていて、ただでさえ無駄使いが多い日本の政治は、このままだと本当に破たんしてしまい、先々を担う次世代がある子供たちに痛手ばかりを背負わすような社会になってしまうことに対し、多くの一般人は不安を感じているのではないでしょうか。もっと明るい文字や、もっとしっとり身の回りができるようみんなが知恵を絞って考えていかないといけない問題ではないかと思います。