最近のお婆さん乗員の不幸について考えて探る

30料金、40料金の人様とから見ると60年を超えておる人様は祖先、おばあちゃんに見えるのでしょうが、ヤバイ事で考えている事はまだまだ若いんです。頭の中はまだ30料金のままですが、身体が付いて行かないのが現状かも知れません。自家用車の移動も当然頭は若いのです、親子ものの人様はもう移動は終わりなさいと言ってもらえるののですが、自ら暮らしている人様は全く移動に対して不安も何も無く、認可を返納する事は人事でしかないのかも知れません、60年を超えたら半年に一度位で認可リニューアルを通じてはどうでしょうか、半年に一度なら段々めんどくさくなって返納する人様が増えるのでは無いでしょうか、今現在若い人は年を取っても頭の中は皆さんと一緒なんだという事を分かって欲しいだ。特に自家用車などをドライバーは自力は大丈夫だとおもう人様が大半では無いでしょうか、しかし、廻りから見るととても危ない移動をしているのですが、廻りに説得できる人様が居ればいいのですが。