昭和の日記に浸らせてくれて、ありがとう。

つい先日、ホームページサーフィンを通していてふと視線に留まった文章がありました。昭和現れなら誰でも懐かしく受取るネタばかり特集して紹介してあり、わたしは読みふけってしまいました。昭和年齢なら一度は聞いた状況のある内容のオンパレードで、面倒楽しませてもらいました。例えば「叱られる期間、お前は橋の下で拾った子どもだと言われた。」という逸話や「ファミコンカセットの相違込口にふうふうと息づかいを吹きかけた」など、わたしにも私の物覚えのある事実ばかりで、思わず含み笑いが吹きこぼれました。そうです、私もファミコンカセットにくずが除去できるからという理由で息づかいを吹きかけていました。当時の当人としては清掃をしたつもりで大満足でしたが、あの機能は意味の無い機能だったのですね。実は30歳を過ぎてから知りました。他にも、給食の牛乳瓶のフタ収集に熱中してある子どもが必ず講座にセルフや二人いたという話にも頷きました。私も定期的に押収しに来る子どもに協力させてもらいました。不思議なことに、自分が遊ぶ理由でもないのにいつの間にか講座全員が合作流儀になっているのです。住宅にフタを持ち帰り、こっそり集めていましたが、それも同士が遊戯に来た時に露呈して押収されました。ダイアリーが次から次へとよみがえってきます。昭和現れが共感できる意図を沢山文章としてくれたユーザーに拍手を送りたいなあと思いました。