昭和の出来事に浸らせてくれて、ありがとう。

つい先日、WEBサーフィンを通していてふと目線に留まった記事がありました。昭和故郷なら誰でも懐かしく感じるテーマばかり特集して紹介してあり、わたくしは読みふけってしまいました。昭和クラスなら一度は聞いたポイントのある物語のオンパレードで、ほんま楽しませてもらいました。例えば「叱られる状態、お前は橋の下で拾った子供だと言われた。」という実話や「ファミコンカセットのズレ込口にふうふうと息を吹きかけた」など、わたくしにも僕の物覚えのある遭遇ばかりで、思わず笑顔が吹きこぼれました。そうです、私もファミコンカセットにくずが除去できるからという理由で息を吹きかけていました。当時のそのものとしては保全をしたつもりで大満足でしたが、あの実行は意味の無い実行だったのですね。実は30年代を過ぎてから知りました。他にも、給食のおっぱい瓶のフタピックアップに熱中して掛かる子供が必ず研修に自力や両者いたという話にも頷きました。私も定期的に片付けしに来る子供に協力させてもらいました。不思議なことに、自分が遊ぶ意味でもないのにいつの間にか研修全員が援助パターンになっているのです。建物にフタを持ち帰り、こっそり集めていましたが、それも身の回りがゲームに来た時に判明して片付けされました。想い出が次から次へとよみがえってくる。昭和故郷が共感できる内訳を沢山記事としてくれた人間に拍手を送りたいなあと思いました。