少し贅沢に鍋ミールの国王のふぐ鍋はいかがですか?

寒い冬に食べたくなる「鍋食べ物の王家」と呼べるのは、ふぐ鍋ではないでしょうか。 高級なイメージがあるふぐも、最近は気軽に取り寄せることもでき、とても人気です。 また、「ふく」と呼ばれ、縁起が良いとして要るふぐは、お産の内祝いやお年の歓喜に注目されています。
 養殖ノウハウが進歩した近年では、常時美味しいふぐを食べることができますが、野放しふぐの旬の季節は11月々~2月頃だ。 特に産卵期前の2月頃の充実した私と白子の風味は絶品です。 また、100g当たり約85kcalと低カロリーのふぐの私は、高淡泊でとてもヘルシーなうえ、コラーゲンが豊富な皮は、人肌のアンチエイジングや抗がん作用の効果もあります。
多くのアラから出る美味しい旨みは、昆布とともにふぐ鍋の旨みとして利用し、ふぐ本来の旨みを行うためにも市販のスープの素はあまりおススメしません。 ふぐ鍋にたっぷり入れた野菜、きのこや豆腐などにポン酢ともみじおろし、お好みですだちや柚子胡椒をつけて食べてください。 すべての食物の出汁を吸った締めの雑炊やうどんもとても美味しいだ。
 ぜひ所帯や近くと、ふぐ鍋を囲んでみませんか? お鍋を食べるとカラダがポカポカして対話も弾み、きっと楽しい間隔を過ごせることでしょう。