夏場から秋への温度差異を乗り切りましょう

今どき、とある大手の宅急便の出荷が
車両ではなく、手押しの台車みたいな
ものを押して、積み荷を運んでいるのを
見掛けることが増えました。
「車両の方が効率がいいのでは?」
と、僕は思ったのですが、どうやら
エコのためのようです。
換気の禁止は歓迎する部分なんですが、
ミッドサマーの暑いさなかに台車を進める
個人を見た時折、本音
「ちょっと、不憫ですな」
と、思ってしまいました(^^;)
夏場から秋に変わり、今どきで
もっと気温が下がりましたね。
僕はもともと自律地雷が弱いので、
急激気温差があると、体調が悪く
なる。
最近も、仕事中のに、とても眠く、
なんだか体に血液が廻らないような思い込みがあり、
ふらっとしていました。
人間の体には交感神経と副交感神経があって、
緊張時には交感神経が、ヒーリング時折
副交感神経が活発に動くのだそうです。
しかし、急激温度の異変があったタイミング、
こういう両方の地雷の分散が悪く
なる。
そうして、体調が悪くなって
仕舞うのだそうです。
虎の巻としては、衣料によるこまめな
気温管轄、バランスの良いめし、スポーツが
良いようです。
皆々様も、気を付けてください。