呼出しに来ることが苦手だったときの訳について

俺は以前まで、連絡に生じることが下手くそで、ほとんど現れることができませんでした。具体的には、小学校の途中から大人になって仕事をするようになるまでだ。本当に長くダメでした。なぜなのでしょうか。理由は2つあります。
1つ目は、誰がかけてきたのか思い付かからです。分かっていれば安心して連絡に立てるのですが、あるまで思い付かので、それが怖くて出られなかったのです。
後者は、犯行が怖いからです。こちらの拠り所がとても大きいです。これがなければ万全でした。
俺は小さい頃、小学生に入学するくらいの時は普通に起こることができました。しかしある日、ドクターからいる言及をきいたことがきっかけで連絡が不可になってしまったのです。その言及は、自ら留守番をしているところ連絡に出て、父母はいないと言ったら悪い人が家庭に来るかもしれないという内容でした。俺はこういう話を聞いてとても怖くなりました。悪い人が来るのを回避するには連絡に出ないのがトップと考え、その日以上連絡に生じるのを閉めたら、そのまま生ずることができなくなってしまったというわけです。
今となっては笑い話ですが、長く非常に困っていました。