厄介人間をからかうという作用は人として最小

まだ昔の点、近くに今にもひずみそうな家で靴やさんを通していたおやじが居たのですが、見るからにビンボーですなと思える家で、芝居ときの中にも靴が4,5地点しかなく、良くやっていけるなと想うショップでした。女子が亡くなった後はお姉ちゃんが根こそぎやっていた様に覚えています。最近思えばそちらのおやじは車椅子で足が悪かったのでしょう、俺が近所と外側で遊んでいる時は必ず、そちらの昔を通りました、何方からというラクラク、そのマイホームの昔でやれびっことかビンボーとか大声を出しながら消えるのでした。昔、最近思えば本当に悪いとは思っていなくて何でそんな事をしていたんだろうと思います。それも段々エスカレートして行って、つき抜けるのでは無くそこういう靴やさんの身の回りで、びっこ、びっこなどとても酷い点ばかり言い続けたのです。時折おやじが本当に頭に来たのでしょう、車椅子から起きる見解を見せましたが、どうせ追っかけて欠けるだろう、ぐらいの感性でした、今はもう亡くなっているでしょうが、今でも私の心はおわびいらっしゃるのみです。